屋上を守るには防水が必要不可欠|定期的にメンテナンスしよう

男性

大事な家を雨水から守る

雨漏り

家の屋根や外壁は、常に外界の過酷な環境に晒され続けています。直射日光の熱や紫外線は、屋根や外壁に大きなダメージを与えます。また、雨水による被害も想像以上に大きなものです。特に怖いのは、雨水が建物の内部にまで浸透してしまうケースです。木造住宅の場合も鉄筋コンクリート住宅の場合も、建物の内部に雨水がしみ込んでしまうと、躯体部分が大きなダメージを受けます。わかりやすく言うと、家の骨組みが傷んで家が長持ちしなくなってしまうのです。また、天井や壁に雨漏りのシミができ、クロスや家具にカビが生えてしまうようになります。少しぐらい雨漏りしても大したことはないだろうと甘く考える人がたまにいますが、それは大きな間違いです。雨漏りが進んでから業者を呼んで修理するということになると修理費用が余計にかさんでしまいますので、雨漏りは初期の段階でサッサと直してしまうのが一番です。巷には、雨漏り修理や家の防水工事を専門に行っている業者がたくさんいますから、気になる症状が出現している場合は、早く業者に来てもらうのが望ましいです。

室内で雨漏りが発生している場合、業者はまずどこから雨水が入り込んできているのかを調べます。雨は空から降ってきますので、屋根から雨水が入り込んでいるものと頭から決めてかかっている人が多いですが、意外とそうでもありません。外壁に生じた亀裂やサイディングパネルの繋ぎ目部分、建物の歪みが原因で生じた屋根と外壁の隙間などから雨水が入り込んでいるケースが多いです。また、ベランダ防水が不完全なせいでベランダの床部分から建物内部に雨水が入り込んでいるケースもしばしばあります。一般的には、実際に建物に水をかけてみて、その水がどうやって建物内部にしみ込んでいくかを目視で観察する方法がとられますが、赤外線を用いて調べる方法もあります。いずれにしろ、素人ができることではありませんので、専門業者に任せてしまうのが得策です。