屋上を守るには防水が必要不可欠|定期的にメンテナンスしよう

作業員

二階がある住宅に人気

二階にベランダがある戸建ては、その下の部屋に雨漏りをすることがあります。ベランダに防水工事をしてみましょう。実績の高い業者に依頼することが一番です。口コミ情報などを参考にして選択することをお勧めします。

大事な家を雨水から守る

雨漏りは、室内に置いてある家具やクロスを汚してしまうだけでなく、家の躯体部分に深刻なダメージを与えます。早く修理しないと家がドンドン傷んでいってしまいますので、室内で雨漏りが発生している場合は、一刻も早く工事業者を呼ぶようにした方がよいです。

屋根の修理は焦らずに

雨漏りは家の寿命を短くしてしまうものなので、早急に雨漏り修理をしたいものです。自分でできる材料も多く販売されていますが、素人では難しいためプロに依頼する方が安心です。その時にも屋根の種類によって依頼する業者が変わってきますので注意が必要です。

おすすめ関連リンク

  • おススメの屋上防水工事業者を比較

    防水工事を東京エリアで依頼したいなら、こちらの業者がおすすめです。親身になって相談に乗ってくれるので、安心して任せれます。
  • 雨漏り修理.com

    安心と実績がある業者!雨漏り修理業者はこちらで紹介しています。住宅の悩みを改善したいなら依頼するといいでしょう。
  • 雨漏り修理110番

    無料で相談ができるので安心です。ベランダの防水の工事はここで対応しているので、困ったという場合に依頼をしておきませんか。

メンテナンスが重要となる

住宅

屋根部分は切妻造りではなくあえてコンクリートテラスとすることも可能です。住宅の屋上部分にコンクリートテラスを採用すれば開放的で様々な使い方が可能となるためアイデア次第で暮らしの幅もぐっと広がります。ただ屋上にコンクリートテラスを採用するなら定期的なメンテナンスが必要です。施工したてのコンクリートは表面の防水コーティングにより水を良くはじきます。そのため一見するとコンクリートは水を吸収しないかのように思えてしまいまが、本来コンクリートはよく水を吸収する素材です。そのため施工から数年もたてば表面の防水コーティングも効果が薄れてくるため、コンクリート内部に雨水などが浸透してしまうようになります。雨水が内部に浸透してしまうとコンクリート表面にカビやコケなどが生えるようになるほか内部の鉄筋部分を腐食させる要因ともなるため、コンクリートテラスを採用する場合には定期的なメンテナンスが必要となるのです。

屋上をコンクリートテラスにすると劣化しやすいのかといえばそうとも言えません。切妻造りの屋根も同様ですが大切なのは定期的なメンテナンスを行うことです。定期的なメンテナンスをおろそかにすればどのような屋根構造でも劣化するので、コンクリートテラスだけが特別というわけではありません。むしろコンクリートテラスは屋上がフラットであることからメンテナンス性に優れているので防水処理などの費用は切妻造りよりもリーズナブルです。コンクリートテラスの防水処理は専門店に依頼すればすぐに行ってくれます。最近では従来より防水性と耐久性に優れたコーティング素材も開発されているので、専門店に依頼して施工を行えば10年程度はコンクリートの状態を良好に保つことができるので予算を気にすることなく気軽にメンテナンスを行うことができます。